「ほっ」と。キャンペーン

2項 クロスリテイリングの山口孝志のFX-JIN

2項 クロスリテイリングの山口孝志のFX-JIN

トレンド系テクニカル指標の代表格であり、私FX-Jinのロジックでも使用しているのが、
アメリカの投資家・ジョン=ボリンジャー氏によって考案されたボリンジャーバンドです。
これは移動平均線と標準偏差(σ:シグマ)を表示するチャート分析の1種で、多くのトレ
ーダーに利用されています。
移動平均線の上下に引かれた標準偏差のラインに挟まれた項分をバンドと呼ぶのですが、「
価格変動は一定の確率でそのバンド内に収まる」というのが基本的な考え方となります。
統計学によると、価格変動は移動平均線から±1σの範囲内では約68.3%の確率で、±2σ
の範囲内では約95.5%の確率で収まるとされています。
つまり、それら±1σや±2σのラインに価格が到達、あるいは接近した地点が売買のサイ
ンとなる訳ですね。
あくまで統計学ですので「絶対」ではないですが、値動きを予測する上で活用しない手はあ
りません。
「買われすぎ」「売られすぎ」の判断はもちろん、トレンドの転換ポイントを読むのにも非
常に有効なテクニカル指標なのです。
2010年5月4日
c0260017_146389.jpg






クロスリテイリング 山口孝志 FX-JIN クロスリテイリングと金融緩和 山口孝志と金融緩和 FX-JINと金融
緩和 クロスリテイリングと金融政策 山口孝志と金融政策 FX-JINと金融政策 クロスリテイリングと円相場
山口孝志と円相場 FX-JINと円相場 クロスリテイリングと経済指標 山口孝志と経済指標 FX-JIN
と経済指標 クロスリテイリングと投資家 山口孝志と投資家 FX-JINと投資家 クロスリテイリングと統計学
山口孝志と統計学 FX-JINと統計学
[PR]

by kht905kst | 2010-05-04 01:45 | クロスリテイリング FX-JIN